【名古屋帯】きくちいま監修 小千谷紬 染九寸

nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
nagoya0049
商品番号:nagoya0049

【名古屋帯】きくちいま監修 小千谷紬 染九寸

反物価格
在庫あり
¥96,800(税込)
数量

きくちいまさんのオリジナルデザインにより作られた九寸名古屋帯です。

独特の節が味のある小千谷紬の上質な生地に、オリエンタルな柄の型友禅を施した素敵な染め帯。地色の墨黒が美しく、カジュアルに特化した様々な色の着物に合わせやすい帯です。

小千谷紬(おぢやつむぎ)は、新潟県小千谷市周辺で作られている織物です。雪深い地域として知られる小千谷地方では、古くから越後上布(えちごじょうふ)と呼ばれる麻布が織られてきました。やがて新しい機織りの技法が伝わると、小千谷を中心として麻の縮布として広まったのが小千谷縮(おぢやちぢみ)として発展しました。独特のシボがあり、紋様が緯糸(よこいと)のみで作り出されます。この小千谷縮の伝統的な技法と、1000年以上も続く越後上布の技術を取り入れて織られる紬が小千谷紬です。着物に仕立てた時の霞がかかったような柔らかな印象は、緯糸の紋様に玉繭の糸の経糸が重なることで作り出されます。「緯総絣」で織られる絣や縞などの模様の他、無地や白紬が作られています。小千谷紬の特徴は、真綿の手紡ぎ糸のふっくらと軽くて温かみがある風合いや、絹の光沢となめらかな手触り、素朴な味わいです。着べりがしないため、気軽な外出着などとして用いられています。

絹100%